おすすめのポケットWiFi端末

MENU

使いやすさ・バッテリー!この2つでポケットWiFiを決める!

この記事を読んでいるあなたは、きっとどのポケットWiFiプロバイダにするか、もう決まっているはずです。というか普通ならGMOとくとくBB WiMAX2+ですね。それ以外はちょっと・・・。

 

でもまだ申し込むのは待ってください。最後にポケットWiFi端末選びが残っています。「ポケットWiFi端末なんてどれも一緒でしょ?」なんて思っている人もいますが、性能や使いやすさが異なります。

 

長時間使えるバッテリーは超重要!

ポケットWiFiで1つだけ面倒臭いのは充電です。自宅で端末に充電してから持っていきます。ノートPCなら使いながら充電することも可能ですが、スマホから充電するのは困難です。

 

だからバッテリーの持ちが良ければは充電の手間をできるだけ少なく出来ます。また通信できる時間も長くなります。例えば「WiFi WALKER WiMAX2+ NAD11」はWiMAX2+の連続通信時間が7時間です。

 

しかし「WiFi WALKER WiMAX2+ HWD15」ならWiMAX2+の連続通信時間が10.5時間です。この差は大きいですよ。ポケットWiFiを使っている時に、「あ、バッテリー切れた!」なんて最悪ですからね。長時間通信できるポケットWiFi端末を選びましょう。

 

説明書不要の使いやすさ!

シンプルなポケットWiFi端末も悪くはありません。でも電源ON/OFF以外のボタンが何を意味しているかわからにくいのは事実です。例えばパスワードを表示させたり、LTEに切り替えたりする方法がわかりにくいのです。

 

そんなポケットWiFi端末が多い中、画期的なモデルが登場しました。それが「WiFi WALKER WiMAX2+ HWDシリーズ」です。スマホのように液晶画面に表示され、タッチパネルで操作できます。

 

液晶画面が大きいおかげで、アイコンだけでなく日本語での説明もあります。だから説明書など読まなくても画面をポチポチと触るだけですぐに使えます。パソコンやデバイスにあまり詳しくない人にはとても嬉しい端末です。

 

WiFi WALKER WiMAX2+ HWDシリーズがおすすめ!

バッテリーの持ちと使いやすさを比較した結果、WiFi WALKER WiMAX2+ HWDシリーズがおすすめです。今ならHWD15ですね。人気の端末は売り切れるとなくなってしまうので、早めに申し込んでおいたほうがいいですよ。