SIMフリーのポケットWiFiはゴミだからおすすめしません

MENU

いやいやいや、全然使い物にならないじゃん!

「安かろう悪かろう」という言葉は真理ですね。私はSIMフリーのポケットWiFiを使ってみて心の底から実感しました。「SIMフリー」「格安SIM」に騙されないでください。本当にゴミですから。

 

いや、もちろんメリットもありますよ。確かに安いです。海外で使うことも可能なので、出張や旅行でも用途ならおすすめです。しかし日本国内で使うなら普通のポケットWiFiにすべきです。

 

速度が遅すぎる!

そもそもなぜSIMは安いのでしょうか。その理由は低速だからです。WiMAX2+やワイモバイルは100Mbpsを越えています。とても快適です。しかし格安SIMは196Kbpsです。196Mbpsではありません。196Kbpsです。

 

実測では毎秒50KBくらいです。50MBの動画を視聴しようと思ったら、読み込みが完了するのに1000秒(16分)もかかります。そんなの待てるわけがありません。普通のWEBサイトですら重くてイライラします。

 

制限だらけですぐに使えなくなる!

SIMフリーといっても制限はフリーではありません。通信量が1GBだったり2GBだったり、細かく販売されています。そりゃ、そこまで低速なら使い切れないのでしょうけど、制限を気にしながらインターネットをしても全然楽しくありません。

 

一部制限なしの格安SIMもあります。実は私はこれを使ってみました。でも実測5Kbpsも出ませんでした。速度制限にかかったポケットWiFiのほうが遥かに快適なレベルです。もう何も出来ませんでした。

 

つまりSIMフリーのポケットWiFiなんてゴミ同然なのです。ストレスでお腹が痛くなりますよ、ホント。だからこそ私は制限なしで高速なポケットWiFiであるWiMAXをおすすめしたいと思います。